どせいのヘッドホンレビュー

ヘッドホン沼にはまり続けるどせいがヘッドホンを5段階で評価するブログ。各ヘッドホンの特徴や、どのような音楽に向くか解説します。

【第4回 おすすめヘッドホンレビュー】Beyerdynamic T5p

どせいです。
今回はBeyerdynamicが誇るハイエンドヘッドホン T5p を紹介します。
テスラテクノロジーという同社の技術が採用された高級ヘッドホンです。

 

f:id:dosei12:20200325232530j:plainf:id:dosei12:20200325232536j:plain

◆概要:密閉型ヘッドホン

メーカ:Beyerdynamic

タイプ:ダイナミック密閉型

重量:350g

参考価格:58000円(amazon最安値)

 

◆レビュー(5段階) コスパ:普通(ハイエンド機のため)

音質 :★★★★★

装着感:★★★☆☆

遮音性:★★★★☆

音の傾向:フラット(やや中~高音寄り)

得意な音楽:一通りOK

音場感 :良い

コスパ:ハイエンド機のため普通

◆総評:中~高音の繊細さと低音の厚みを両立。解像度も最高レベル

  • テスラテクノロジー搭載を売りにしたヘッドホン。音の解像度、分解能は最高クラス

  • フラットの一言で片づけるのが惜しいほど中~高音の繊細さ低音の厚みを両立している。

  • ハイエンドヘッドホンとしては珍しくポータブル対応装着感はやや重い

◆まとめ:ハイエンドに相応しい音質。ただし装着感はやや重い

BeyerdynamicのハイエンドヘッドホンT5pです。
同社のT1という開放型ハイエンドヘッドホンのほうが有名ですが、本品は同ヘッドホンのポータブル対応密閉型バージョンです。

beyerdynamic社のハイエンド機に搭載されるテスラテクノロジー搭載をウリにしています。テスラテクノロジーとはヘッドホン内部の磁石が1テスラを超える高い磁束密度を持ち、高音質かつ高効率を実現した技術とのこと(なるほど、わからん…笑)

テスラテクノロジーの詳細は不明ですが、ハイエンド機を所持していなかった自分としては衝撃的な音質で、音の解像度、鮮明さ、音場感が非常に良いため全体としてはフラット音質ながら退屈さを全く感じさせない音作りです。

低音も必要量は出ますが、特に中~高音の解像度が素晴らしく、perfumeのような打ち込み系サウンドとの相性は抜群ではないかと思います。


欠点はやや重量があるため、装着感がやや重いです。ただその欠点を補う高音質を誇り、お値段は張りますがそれだけの価値がある品と思います。
(今回紹介の品は1stジェネレーションですが、現行の2ndジェネレーションはケーブル交換が可能になっているようです。)