どせいのヘッドホンレビュー

ヘッドホン沼にはまり続けるどせいがヘッドホンを5段階で評価するブログ。各ヘッドホンの特徴や、どのような音楽に向くか解説します。有線ヘッドホンがメインです。

【レビュー】Beyerdynamic T5p テスラテクノロジーの実力とは?

 

どせいです。今回はBeyerdynamicが誇るハイエンドヘッドホン T5p を紹介します。BeyerdynamicのハイエンドヘッドホンというとどちらかというとT1の方が有名ですが、こちらはT1をポータブルで使いたいというなんとも贅沢な願いを叶えるヘッドホンです。

T1は開放型のヘッドホンに対し、こちらはポータブル用途を意識しているため周囲の音を遮断可能な密閉型で、なおかつインピーダンス(抵抗)もT1の600Ω(ヘッドホンアンプがほぼ必須)からデジタルオーディオプレイヤーでも再生可能な32Ωに変更されています。

Beyerdynamicの技術の粋が結集したテスラテクノロジーという同社の技術が採用された高級ヘッドホンで、圧倒的な音の密度感を誇るヘッドホンです。こちらの詳細についても説明します。

 

f:id:dosei12:20200325232530j:plainf:id:dosei12:20200325232536j:plain

Beyerdynamic T5p 製品スペック

メーカ:Beyerdynamic ベイヤーダイナミック

タイプ:ダイナミック密閉型

重量:350g

インピーダンス:32Ω

コード長:1.2m (3m延長ケーブル付き)※取り外し不可

参考価格:58000円(amazon最安値)

 

Beyerdynamic T5p 音質レビュー(5段階)

音質 :★★★★★

装着感:★★★☆☆

遮音性:★★★★☆

音の傾向:フラット(やや中~高音寄り)

得意な音楽:一通りOK

音場感 :良い

コスパ:ハイエンド機のため普通

総評:中~高音の繊細さと低音の厚みを両立。解像度も最高レベル

  • テスラテクノロジー搭載を売りにしたヘッドホン。音の解像度、分解能は最高クラス

  • フラットの一言で片づけるのが惜しいほど中~高音の繊細さ低音の厚みを両立している。

  • ハイエンドヘッドホンとしては珍しくポータブル対応装着感はやや重い

beyerdynamic社のハイエンド機に搭載されるテスラテクノロジー搭載をウリにしています。テスラテクノロジーとはヘッドホン内部の磁石が1テスラを超える高い磁束密度を持ち、高音質かつ高効率を実現した技術とのことです。(テスラテクノロジー詳細はページ下段に記載しました)


ハイエンド機を所持していなかった自分としては衝撃的な音質で、音の解像度、鮮明さ、音場感が非常に良いため全体としてはフラット音質ながら退屈さを全く感じさせない音作りです。

低音も必要量は出ますが、特に中~高音の解像度が素晴らしく、EDMのような打ち込み系サウンドとの相性は抜群ではないかと思います。ただ基本的には万能なバランスなのでどんな音楽もしっかり聞かせてくれるヘッドホンです。


欠点はやや重量があるため、装着感がやや重いです。ただその欠点を補う高音質を誇り、お値段は張りますがそれだけの価値がある品と思います。
(今回紹介の品は1stジェネレーションですが、現行の2ndジェネレーションはケーブル交換が可能になっているようです。)

 テスラテクノロジーとは。DTシリーズの完全上位仕様

テスラテクノロジーについて、詳細はサウンドハウスのページに書いてありましたが、要約すると振動版を高強度にすることで1テスラを超える磁器駆動力に対応可能→磁気的なロスを低減、高効率化が可能になった技術です。

またハウジング素材がフルメタルで、DTシリーズには未搭載の電磁場シールドとバランス結線を標準搭載しており、同社のDTシリーズのドライバーに対して完全に上位の仕様になっています。

特徴的なのが振動版の位置で、振動版は通常イヤーカップの中央に位置しますが、テスラテクノロジー搭載ヘッドホンでは意図的にやや中央から外れた位置に(耳の下部に向けて音を出すイメージ)向けられています。

その理由については詳細が書かれていませんでしたが、恐らく音場感に影響する技術と思われます。(ULTRASONE社のS-LOGICという広い音場感を付与する技術も同じように振動版の位置をオフセットさせているので同じ狙い?と思われます)

いずれにせよ、Beyerdynamic社の技術の粋を集めたテクノロジーには間違いなさそうです。