どせいのヘッドホンレビュー

ヘッドホン沼にはまり続けるどせいがヘッドホンを5段階で評価するブログ。各ヘッドホンの特徴や、どのような音楽に向くか解説します。

【レビュー】SENNHEISER MOMENTUM Wireless 2 ゼンハイザーが誇る最強ワイヤレスヘッドホン

今回はゼンハイザーのMOMENTUM(モーメンタム) Wireressをレビューします。

ゼンハイザーのワイヤレスヘッドホンとしては最上位機種になります。MOMENTUMというゼンハイザーの人気ヘッドホンのワイヤレス版です。

現行は3代目が出ており、ノイズキャンセリングの切り替えやアプリによるイコライザーが追加されています。

 

f:id:dosei12:20200426125323j:plainf:id:dosei12:20200426125336j:plain

 

◆概要:密閉型ワイヤレスヘッドホン(ノイズキャンセリング機能付き)

メーカ:SENNHEISER ゼンハイザー

タイプ:ダイナミック密閉型 (Bluetooth)

重量:265g

参考価格:25000円 (中古参考価格)

◆レビュー(5段階) コスパ:普通

音質 :★★★★

装着感:★★★★

遮音性:★★★★☆(4.5)

音の傾向:フラット

得意な音楽:万能型(一通りOK)

音場感:良い

コスパ:普通

◆総評:癖の無いフラットな音質。音場感良好。ノイズキャンセリング搭載

  • ゼンハイザーらしいバランスの良いフラットな音質。音場感が良いため原音忠実ながら退屈さは感じない。

  • ノイズキャンセリング機能付きで遮音性○。ワイヤレスモデルながらホワイトノイズが少なく、純粋に音楽を聴く用途としても問題なく使用できる。
  • 装着感良いので長時間使用OK(密閉型なので多少蒸れます)

◆まとめ:ワイヤレスながら高音質。価格は高いが音質、機能性は文句なし

ゼンハイザーの最上位ワイヤレスモデルだけあり、音質、機能性共に非常にレベルが高い(価格も高い)製品です。今回は2代目を紹介していますが、現行の3代目はamazonで実売47000円ほどします。(高い…)
ワイヤレスヘッドホンとしては珍しく、既存の有線式の見た目のままワイヤレス化しています。

音質としては他の音を邪魔しない低音と、耳に刺さらず綺麗に出る高音というゼンハイザーの上位機種らしいバランスの良い音で、ジャンルを問わず聞けます。
ワイヤレスヘッドホンなので、ポータブル機器で外出中に聞く用途もあると思いますが、台で何でも聞けるバランスの良さは良いです。

有線機種のMOMENTUMは音場感を売りにしていますが、その良さも引き継いでおり、特に音をブーストしていなくとも、ヘッドホンの中に迫力ある音場があり退屈感は無いです。
個人的にはポップス等ではボーカルが前に出るような聞こえ方と感じます。

また、ノイズキャンセリング機能が搭載されており、電車等騒音の多い場所での使用も問題ありません。またワイヤレスながらホワイトノイズが少なく、でしっかり音楽を聴く用途でも違和感は無い感じです。

総評としては価格面からコスパは良いとは言えませんが、音質、ノイズキャンセリング機能、装着感と総合力はワイヤレスヘッドホンの中でも随一と思います。
屋外は勿論、家の中でもワイヤレスで良い音を楽しみたい需要はあると思いますが、本機はそういう用途を叶えてくれている機種と思います。

なお最新の3代目ではスマホのアプリと連動してイコライザー(音調)機能が追加されているようで、バランスの良い本機ベースで低音スキーも高音スキーも満足できるほぼ最強な仕様となっています。(高価ながらこれは欲しい…)