どせいのヘッドホンレビュー

ヘッドホン沼にはまり続けるどせいがヘッドホンを5段階で評価するブログ。各ヘッドホンの特徴や、どのような音楽に向くか解説します。有線ヘッドホンがメインです。

【レビュー】SONY MDR-CD900ST 音楽鑑賞用にはいまひとつ?超定番のモニターヘッドホン

 

 

SONY MDR-CD900ST 製品スペック

メーカ:SONY
タイプ:ダイナミック密閉型
重量:約200g
インピーダンス:63Ω
コード長:2.5mストレートコード(入力は6.3mmプラグのみ)
参考価格:15000円

  

f:id:dosei12:20211111200435j:plain

 

見た感じは余計な装飾を排して、いかにも実用重視といった感じでシンプルです。この価格帯のヘッドホンとしては正直物足りない外見ではあります(そもそも業務用ですが)

大型のヘッドホンは50mmドライバを採用しているものが多いですが、これは40mmドライバなのでサイズ感は小ぶりで、重量は約200g程度と軽量です。

イヤーパッドは耳を覆うタイプですが、深さが浅いため半分耳に乗っかるような着け心地で耳に当たります。フィット感事態はは良好なのですが、完全に耳を覆うオーバーイヤー型のイヤーパッドに比べると装着感は劣ります。

眼鏡をかけている筆者には長時間つけていると痛くなってくるので、眼鏡との相性はあまり良くないです。

密閉型なので外の音はある程度シャットアウトされますが、オーバーイヤー型ではないため遮音性はそこまで高くないです。入力は6.3mmステレオプラグのみで、PCやポータブルプレーヤーの3.5mmミニプラグに接続する場合は変換プラグが別途必要です。

 

SONY MDR-CD900ST 5段階音質レビュー 

音質 :★★★☆☆(3.5)

装着感:★★★☆☆

遮音性:★★★☆☆

音の傾向:フラット

得意な音楽:万能

音場感(音の広がり):普通

 

音質については、業界の定番製品としてで使われているだけで、そこまでではないのでは?とやや斜めにみていましたが、第一印象としては目が覚めるような解像感に驚かされました。

これぞモニターヘッドホンという感じで、音の輪郭がクリアにくっきりと浮かび上がってきます。傾向もかなりフラットでレコーディングされた音を素直に出力してくれています。また録音の状態が悪い音源はこのヘッドホンで聞くと粗が目立つためすぐにわかります。

一方で、抜群の解像度で低音~高音まで全ての音を満遍なく出力してくれますが、高音のシャリつく感じが目立ち、全体として乾いた音という印象を与えます。

音場感もこの価格帯のヘッドホンであれば音の広がりを感じさせてくれる製品が多くありますが、本機はあくまでモニター用途なので普通です。音楽制作に使用するには素晴らしいですが、リスニング用としては音場感や、音の鮮やかさが物足りないです。

音の傾向は原音そのままと言えるほどかなりフラットなので、どんなジャンルの音楽も聴けるヘッドホンですがロックやポップスを聞くには迫力に欠けます。一方本機は緻密に打ち込まれたシンセサイザーの音を余すことなく拾ってくれるので、モニター用と言いつつも、テクノポップやEDMを聞くには中々良いです。

総評:高解像度でモニター用に最適。リスニング用途には他の選択肢がある

良い点
・目が覚めるような高解像度。音の輪郭や録音の粗を正確に拾うため、モニター用に最適
・フラットで癖のない音質、録音されたそのまま音を聞ける

悪い点
・音質は良好だが、音場感や音の迫力は物足りない
・いかにも業務用な見た目で所有している満足感はイマイチ
・眼鏡との相性は良くない

 

総評としては思った以上の解像度で、モニターヘッドホンとしては十二分な性能でした。ただあくまでモニター用に特化されておりリスニング用のヘッドホンを探しているなら同じ予算ならもっと良いものがあります

この価格帯のヘッドホンとなると、広い音場感を感じさせてくれるものや、元気よく楽しく聞かせてくれるヘッドホン等、各メーカの強みが光るヘッドホンがラインナップされているので、自分の好みに合う製品を選ぶのがベストです。



(関連記事)下記リンクに1万円~2万円の価格帯で筆者のおすすめのヘッドホンのまとめ記事がありますので、こちらもどうぞ。

【迷ったらこれ!】一万円~二万円で買えるおすすめ有線ヘッドホン6選【名機】