どせいのヘッドホンレビュー

ヘッドホン沼にはまり続けるどせいが所持しているヘッドホンを5段階で評価するブログ。各ヘッドホンの特徴や、どのような音楽に向くか解説します。

【第12回おすすめヘッドホンレビュー】Beyerdynamic T70p【明瞭な音が特徴のキレキレヘッドホン】

第12回 おすすめヘッドホンレビュー
Beyerdynamic T70p

どせいです。今回はBeyerdynamicのT70pをレビューします。

Beyerdynamicとしてはマイナーな機種ですが、こちらもベイヤーの売りであるテスラテクノロジーを搭載しています。

大柄ですが一応ポータブル対応の機種です。癖が強く尖った音ながら聞かせる音で個人的に好きなヘッドホンです。

 

f:id:dosei12:20200428195522j:plainf:id:dosei12:20200428195528j:plain

◆概要:密閉型ヘッドホン(ポータブル対応)

メーカ:Beyerdynamic ベイヤーダイナミック

タイプ:ダイナミック密閉型 

重量:330g

参考価格:30000円程度? (中古参考価格:17000円)

◆レビュー(5段階) コスパ:普通

音質 :★★★★(4.5) (※癖有り)

装着感:★★★★

遮音性:★★★☆

音の傾向:中~高音寄り

得意な音楽:ポップス

音場感:良い

コスパ:普通(中古で安く買えれば◎)

◆総評:トップクラスに明瞭な音作り。一方低音が不足気味

  • とにかく明瞭(クリア)で鮮やかな音作り。キレキレな中~高音。音の分解能も最高レベル。
  • 半面低音が不足しているのでロック等を聞くのには向かない。
  • 好みは分かれそうだが音質は素晴らしく、違いを見せてくれる機種

 ◆まとめ:癖はあるが明瞭でキレのある音が好きな方におすすめ

 Beyerdynamicの中ではマイナーですが、テスラテクノロジーを搭載しているハイエンド寄りの機種になります。

マイナーゆえ中古が割安でしたので見せてもらおうか、テスラテクノロジーの性能とやらをという感じで購入しましたが、これは凄いと思い後に同社のハイエンドヘッドホン「T5p」を購入しています。

T5pのレビューは下記をご覧ください。(テスラテクノロジーの詳細は正直まだよくわかっていませんので、後日深掘りしたいと思います(汗))
第4回おすすめヘッドホンレビュー Beyerdynamic T5p
T5pと比較すると、T5pは中~高音域のみならず低音もバランス良く出ていますが、本機は中~高音だけを見るとT5p以上の明瞭さを感じます。

ヘッドホンの音として明瞭さ(クリアでさっぱりとした音)と温かみ(重厚感のある迫力ある音)という概念がありますが、本機は明瞭さに全振りしているような機種です。加えて音の分解能と音場感も良いです。

表現が難しいですが、amazonレビューでは「キレッキレホン」というコメントがあり、納得の表現です。
欠点としてはキレキレゆえ高音が耳にささり、若干の聞き疲れはあるかもしれません。
特色ある本機ですが、装着感も悪くなく長時間使用可能です。遮音性としては、密閉型ですが周囲の音も多少拾うイメージです。

得意な音楽は難しいですが、ポップス全般でしょうか。ロックは不向きですが、クラシックも音の重厚感が不足しているため不向きな印象です。
EDM等の打ち込み系は低音不足で迫力に欠けるものの、中~高音の明瞭さと分解能の高さから細かい音を拾えるので、いままで目立たなかった音が聞こえてきたりして面白いのではないかと思います。

まとめとしてはヘッドホンに明瞭で歯切れの良い音を求めている方におすすめです。
特徴的ゆえあまり受けなかったのか、マイナー機種ですが、中古が割安なので好みが合えば価格以上のコスパとなる機種と思います。